株式会社ワークオール WORKALL

現場マニュアル(事務所移転)

*心得

『事務所移転(オフィス移転)』とは、会社の引越作業です。
一般家庭の引越と違い、デスクやキャビネットなどの大型什器や、機密書類等様々な荷物を運びます。
その中には精密機械等の高価な荷物も含まれていますので、丁寧に細心の注意をして作業を行って下さい。また、大規模の移転作業では50~100人で作業を行う場合があるので、役割分担やチームワークが非常に重要となります。

基本的な流れ

  • 1.準備&養生作業
  • 2.朝礼(ミーティング)
  • 3.搬出
  • 4.移動
  • 5.降ろし準備
  • 6.搬入
  • 7.片付け

*1.準備&養生作業

補足編を参照して下さい。

*2.朝礼(ミーティング)

作業前に、リーダーから当日の作業の流れについて説明があります。
そして、ポジション(次ページ参照)毎に割り振られ作業開始となります。

*3.搬出

荷物をトラックまで運びます。ポジションは5つあります。

A.オフィス内での荷物の搬出チーム
運び出す順番通りに台車に荷物を積みます。このとき、台車に乗せ過ぎると、荷崩れの危険があります。
横持ちの距離の長い現場や、段差や坂道の場合等、現場の条件を考慮しながら積みましょう。

B.オフィス内からエレベーターまでの横持ち
オフィスから出た荷物を、エレベーターまで運びます。空の台車が戻ってきたら、オフィスに戻しましょう。

C.エレベーター係
通称『ベーター』 エレベーターを使って荷物の上げ下げを行ないます(補足編参照)。

D.地上階のエレベーターからトラックまでの横持ち
エレベーターから、トラックまで荷物を運びます。 トラックが車道に停車して歩道を跨いで作業をしている時は、歩行者に注意をして作業をしましょう。

E.トラックへの積み込み補助
トラックには積み込み作業の人がいるので、その人の指示に従い、荷物をトラックの荷台に運びましょう。空いた台車は迅速にオフィスに戻しましょう。

運ぶ順番

運び出す荷物の基本的な順番です。

往復作業(ピストン)の場合
キャビネット → デスク → OAボックス → 椅子、ワゴン → ダンボール → 残りの荷物

積み切り作業の場合
ダンボール → OAボックス → ワゴン、デスク → キャビネット → 椅子 → 残りの荷物

注意
  • 台車に荷物を積む際は、重い荷物をを1~2段目に、軽いダンボールや『取扱い注意』のシールが貼ってある荷物は3段目か一番上に積みましょう。
    後者を下段にすると箱が潰れたりして、破損の原因となります。
  • ダンボールや小物も勿論ですが、OAボックスには高価な精密機械が入っているので、特に注意しましょう。
  • デスクやキャビネット等の大物什器を台車に乗せたり、運んだりする時は必ず2人で行いましょう。
    そのときは『声掛け』を忘れず息を合わせて作業をしましょう。
  • オフィス内全ての荷物が移動するとは限りません。
    そのまま、残しておく荷物や廃棄する荷物がある場合があります。
    その際は、ラベルの内容を確認してください。

A.ラベルに『移動先』が書かれている⇒搬出OK
B.ラベルが貼ってない⇒お客様に確認してください。
C.ラベルに『廃棄』『廃』と書かれている廃棄物に関しては、基本的には移動する荷物を全て出し た後に搬出します。

1.移動&廃棄対象の荷物を出したら搬出完了です。
2.養生材を剥がして、片付けを行い作業終了or搬入先に移動です。

エレベーター作業手順

1.ダンボールを台車に積みます。
6~7個積んだら台車を押してエレベーター係(補足編参照)がいる場合はエレベーター前に置き、エレベーター係がいない場合はエレベーターで移動して次の人もしくは積み込みの人に渡します。

2.家具を台車に積みます。
積んだら台車を押してエレベーター係がいる場合はエレベーター前に置き、エレベーター係がいない場合はエレベーターで移動して、次の人もしくは積み込みの人に渡します。

3.大きい家具は積み込みの人と一緒にトラックの荷台に積みます。
積み込みの人に言われたら手伝いましょう。

注意
  • 荷物が乗っている台車を押す時は、崩れたり倒れたりすることがあるので、なるべく下の方を押しましょう。
  • 背の高い家具等の場合、前が見ずらくなるので建物、通行人に気を付けて押しましょう。
  • 荷物が乗っている台車を押す時は、建物の段差に気をつけましょう。
    無理矢理押さず台車を持ち上げましょう。
  • エレベーターに一般の方が乗っていた場合は、「すいません。一緒に乗せてもらっていいですか?」
    等断って乗りましょう。次が来るまで待つのもいいでしょう。(補足編参照)
  • 階段作業と違って台車を使うので、絶えず回さなければいけません。
    さらに引越の場合は台車の数も限られているので『空いた台車は部屋前に戻す』ということを頭に入れておきましょう。
  • 運ぶ物が止まった時は、部屋内の人から指示をもらいましょう。
    もしくは部屋に入り、出来る範囲で作業を手伝いましょう。
  • 建物にぶつけて壊してしまった場合等はドライバーの方、慣れているスタッフがいる時はスタッフに必ず言いましょう。言わないでそのままにしてしまうと、あとで大事になってしまう場合があります。
    誰でも失敗はあります。失敗を経験にし、次に活かしましょう。

1.移動&廃棄対象の荷物を出したら搬出完了です。
2.養生材を剥がして、片付けを行い作業終了or搬入先に移動です。

*4.搬入準備

補足編を参照して下さい。

*5.搬入

荷物を運び入れる際の順番は、積み込み時の逆になります。注意点は同じです。

*6.片付け

搬入作業

新しいコピー機をお客様に納品することです。

作業手順

  • 1.荷台からコピー機と付属品(トナー等)を降ろします。
  • 2.コピー機本体のみ開梱します。付属品はそのままです。 ※ゼロックスの場合です。
    キャノンの場合は開梱済みで、プリンターは箱に入っています。
    コピー機はパレットに金具で留められダンボールに覆われているので
  • ダンボールを外し付属品を取り出す。
  • パレットと本体を留めている金具をラジェットを用いて外す。
  • 鉄板、スロープゲート等を用いて機械をパレットから降ろす。
  • 蛇腹を本体に掛ける。
  • 付属品をまとめて台車に乗せる。
    を行います
  • 3.養生作業をします。
  • 4.コピー機と付属品を室内へ運びます。
  • 5.付属品の開梱をします。
  • 6.ゴミの片付けをします。
注意
  • 付属品は開梱しないものもあるため、必ず確認しましょう。
  • 開梱時、小さいビスがあるので必ずチェックしましょう。
  • 間違ってゴミと一緒に捨ててしまうと、見つかるまで探すことになるので要注意です。

搬出作業

古いコピー機を回収する作業です。

作業手順

1.回収するコピー機の用紙トレイ、スキャナー部分をテープ留めします。
(運搬時いきなり空いたりするのを防ぐためです)

2.養生作業をします。

3.荷台まで運搬します。

4.荷台でラッシングや縄で固定します。

移動作業

コピー機を別の場所へ移動することです。

A 同じ室内での移動(フロア内移動)
B 同じ建物内での移動(建物間移動)

*7.梱包材片付け

搬入作業

梱包材の仕分けをします。

基本的には、ダンボール、発砲スチロール、ビニールの三種類に分かれます。

金属プラスチック、紙、PPバンド、ラップ等は業者の方が使っている倉庫によって分け方が違います。

*あとがき

一日中ドライバーの方と一緒なので、コミュニケーションをとる事は大事です。搬入出は1人で勝手にコピー機は動かさないで下さい。ドライバーの方と協力して作業をして下さい。

体力的には楽に感じる場合があるかもしれませんが、それ以上に細かい注意点が作業時に発生して頭を悩ませる事があるかもしれません…
しかし、経験を積む事によってスムーズに現場を終わらせる事ができるようになれば、より良い満足感を味わえるようになります。