株式会社ワークオール WORKALL

現場マニュアル(養生)

養生とは、資材を使って建物の壁や床を保護することです。 見た目も大事です。『美しい養生』を心掛けましょう。
お客様によっては資材の名前、やり方は多少違いますが基本は同じなので、しっかり覚えましょう。
ここでは、養生を必ず行う作業【事務所移転および、什器の移設に伴う搬出業務一式(エレベーターを使用)】の場合を挙げます。

*資材の名称・使う箇所

『青ベニ』
・床に使う資材です。ザラザラの面が表になります。
・会社によっては『パロニア』『ハッポート』等といいます。
・『布テープ』をつかいます。色は茶等があります。会社によっては『養生テープ』を使います。
プラスチック製『プラベニ』、ダンボール製『板ダン』
・壁、扉に使う資材です。
・会社によっては『プラダン』『ダンプラ』等といいます。
・『養生テープ』を使います。色は青と緑があります。

『マスキングテープ』
・養生テープより糊が弱く、剥がれやすい塗装の所に使います。
『L型スタンド』
・板ダン等、壁の養生材が倒れないようにする時に使います。
・プラ製、鉄製があります。
『巻きダン』
・ダンボールが巻いてあるものです。
・養生の際、『板ダン』の替わりに使う事があります。
『ジャバラ』
・エレベーターの間口を養生する時に使います。
・『角当て』と呼ぶ会社もあります。
・手作りです。

*搬入出経路の養生のやり方

床養生

・搬入出経路になるところにフロアマットがある場合は、事前に隅によけておきましょう。
・外、部屋から敷いていくのではなく、エレベーターから敷いていくと帳尻が合います。

1.『青ベニ』を配る人
2.『青ベニ』をピッタリまっすぐに敷く人
3.つなぎ目をテープで貼る人と分かれると作業が円滑に進みます。
基本は縦1枚で敷いていきますが、搬入出経路が広い場合、横、縦2枚で敷いていくこともあります。
事前に確認しましょう。
・床にワックスが塗ってある場所もあります。
テープを剥がす際、ワックスも剥がれるので、床に直接テープを貼るのは避けましょう。

縦1枚

横、縦2枚

 

1.『青ベニ』を1枚ずつ、エレベーターから外(建物の出入り口)及び、エレベーターから荷物を出し入れする部屋まで配って(敷いて)いきます。

2.『青ベニ』同士が重ならないよう、ピッタリまっすぐに敷いていきます。

3.敷いたら、すぐにつなぎ目をテープで貼っていきます。貼らない状態で『青ベニ』の上を歩くと滑り、非常に危険です!

壁養生

『プラベニ』を縦にして並べて(配って)いきます。
つなぎ目をテープで貼っていきます。
『L型金具』を『プラベニ』に立て掛けて(配って)いきます。
『L型金具』をテープで貼っていきます。
※『L型金具』がない会社もあります。

『プラベニ』を並べていく人
つなぎ目をテープで貼る人
『L型金具』を立て掛ける(配る人)
『L型金具』をテープで貼っていく人
で分かれると作業が円滑に進みます。

・搬入出経路が広い場合は横にして、立て掛けることもあります。事前に確認しましょう。
・壁養生は、白塗り塗装、クロス、木製等でテープを貼る場所が限られてきます。
塗装等が剥がれるのを防ぐ為に、よく考えてから貼りましょう。
・「ここぶつかりそうだな」と思う所は、積極的に養生しましょう。

扉養生

『プラベニ』を縦に当てます。
両端の上下4ヶ所に、テープを貼ります。

自動ドア養生

『プラベニ』を縦に当て、半分に折り返します。
両端の上下4ヶ所に、テープを貼ります。

扉の場合は『プラベニ』の両端に『ジャバラ』を使う場合があります。
事前に確認しましょう。

自動ドアの場合は『プラベニ』を2枚使い、つなぎ目に『ジャバラ』を使う場合が
あります。事前に確認しましょう。

*エレベーターの養生のやり方

間口

テープを貼る分空け、『ジャバラ』を縦にまっすぐ当てます。
テープをまっすぐ貼ります。

・ポイントの扉と、間口の間は荷物を出し入れする際、 一番ぶつかる所なので、養生テープで隙間なく貼り ましょう。

・下地に『マスキング゙テープ』を貼る場合があります。 事前に確認しましょう。

エレベーター内(床)

1.床のマットを取り、フロアの隅によけます。(マットが敷いてある場合)
2.『青ベニ』を敷きつめ、つなぎ目をテープで貼ります。
3.『パタン子』を付けます。(付けない場合もあります)

※『パタン子』とは
…台車の車輪が、エレベーターの溝に、はまらないようにする為の「渡し」です。
『青ベニ』を加工してあります。

エレベーター床用の小さい『青ベニ』、『パタン子』を常備している会社もあります。
事前に確認しましょう。

エレベーター内(壁)

1.階数ボタンがない側から、テープを貼る分空け『プラベニ』を縦に当て、テープを貼ります(写真A参照)。
2.順々に『プラベニ』を繋げて貼っていきます。
3.階数ボタン部分手前まで『プラベニ』を当て、テープをはります(写真B参照)。
4.エレベーター内の間口に『養生テープ』を貼ります(写真C参照)。

角の部分は、『プラベニ』を折り曲げて使いましょう。
その方が次の『プラベニ』も合わせやすく、テープも貼りやすくなります(写真D参照)。

階数ボタン手前までしか養生しない場合と、『プラベニ』を加工して階数ボタン部分を覆う場合があります(写真E参照)。

事前に確認しましょう。

エレベーター内の間口は『ジャバラ』を使う場合があります(ジャバラ写真F参照)。事前に確認しましょう。

※写真は全て、別のエレベーターです。

写真A

写真B

写真C

写真D

写真E

写真F