戻る

株式会社 ワークオール

マニュアル(事務所移転)

心得

『事務所移転(オフィス移転)』とは、会社の引越作業です。一般家庭の引越と違い、デスクやキャビネットなどの大型什器や、機密書類等様々な荷物を運びます。 その中には精密機械等の高価な荷物も含まれていますので、丁寧に細心の注意をして作業を行って下さい。 また、大規模の移転作業では50~100人で作業を行う場合があるので、役割分担やチームワークが非常に重要となります。

基本的な流れ

1.準備&養生作業

補足編を参照して下さい。

2.朝礼(ミーティング)

作業前に、リーダーから当日の作業の流れについて説明があります。 そして、ポジション(次ページ参照)毎に割り振られ作業開始となります。

3.搬出

1.荷物をトラックまで運びます。ポジションは5つあります。

A.オフィス内での荷物の搬出チーム
運び出す順番通りに台車に荷物を積みます。このとき、台車に乗せ過ぎると、荷崩れの危険があります。横持ちの距離の長い現場や、段差や坂道の場合等、現場の条件を考慮しながら積みましょう。
B.オフィス内からエレベーターまでの横持ち
オフィスから出た荷物を、エレベーターまで運びます。空の台車が戻ってきたら、オフィスに戻しましょう。
C.エレベーター係
通称『ベーター』 エレベーターを使って荷物の上げ下げを行ないます(補足編参照)。
D.地上階のエレベーターからトラックまでの横持ち
エレベーターから、トラックまで荷物を運びます。 トラックが車道に停車して歩道を跨いで作業をしている時は、歩行者に注意をして作業をしましょう。
E.トラックへの積み込み補助
トラックには積み込み作業の人がいるので、その人の指示に従い、荷物をトラックの荷台に運びましょう。空いた台車は迅速にオフィスに戻しましょう。

搬出する荷物の順番

往復作業(ピストン)の場合
キャビネット → デスク → OAボックス → 椅子、ワゴン → ダンボール → 残りの荷物です。
積み切り作業の場合
ダンボール → OAボックス → ワゴン、デスク → キャビネット → 椅子 → 残りの荷物です。

【注意点】

1.移動&廃棄対象の荷物を出したら搬出完了です。

2.養生材を剥がして、片付けを行い作業終了or搬入先に移動です。

5.搬入準備

補足編を参照して下さい。

6.搬入

荷物を運び入れる際の順番は、積み込み時の逆になります。注意点は同じです。

7.片付け

搬入作業

新しいコピー機をお客様に納品することです。

作業手順

キャノンの場合は開梱済みで、プリンターは箱に入っています。
コピー機はパレットに金具で留められダンボールに覆われているので

を行います

3.養生作業をします。

4.コピー機と付属品を室内へ運びます。

5.付属品の開梱をします。

6.ゴミの片付けをします。

【注意点】

搬出作業

古いコピー機を回収する作業です。

作業手順

ページトップへ
私たちの仲間になってくれるメンバーを募集しています

個人情報保護方針 | お問い合わせ