戻る

株式会社 ワークオール

マニュアル(引っ越し)

心得

『引越』と言っても全ての荷物を運んだり、一部を運んだり、箱詰め(梱包)から荷解き(開梱)までやったり、一軒家、アパート、マンションに搬入したりと多種多様です。
 さらに、他の職種よりお客様と接しなければいけない場合が多く『接客』も兼ねています。

『引越』とはサービス業

です。故に大変ですし、奥が深いのです。
その中でやりがい、楽しさを見つけて頂きたいと思います。
ここでは一般的な引越作業(箱詰めされている常態)を挙げます。

服装

作業服に着替えてから作業開始です。
上は無地のTシャツ、下はチノパンがいいでしょう。
靴は脱ぎ履きしやすい物にしましょう。

基本的な流れ

  1. 1.準備&養生作業
  2. 2.朝礼(ミーティング)
  3. 3.搬出
  4. 4.移動
  5. 5.降ろし準備
  6. 6.搬入
  7. 7.片付け

1.準備&養生作業

補足編を参照して下さい。

2.朝礼(ミーティング)

作業前に、リーダーから当日の作業の流れについて説明があります。 そして、ポジション(次ページ参照)毎に割り振られ作業開始となります。

3.積み込み

1.荷物をトラックまで運びます。ポジションは大まかに分けて3つあります

※ドライバーの方からポジションの指示がでます。通常は横もちをやります。作業時間を左右する重要なポジションです。

運び出す荷物の基本的な順番

往復作業(ピストン)の場合
家具(大物) → ダンボール、小物 → 残りの荷物です。
積み切り作業の場合
ダンボール、小物 → 家具(大物) → 残りの荷物です。

階段作業手順

【注意点】

エレベーター作業手順

1.ダンボールを台車に積みます。6?7個積んだら台車を押してエレベーター係(補足編参照)がいる場合はエレベーター前に置き、エレベーター係がいない場合はエレベーターで移動して次の人もしくは積み込みの人に渡します。

2.家具を台車に積みます。積んだら台車を押してエレベーター係がいる場合はエレベーター前に置きエレベーター係がいない場合はエレベーターで移動して、次の人もしくは積み込みの人に渡します。

3.大きい家具は積み込みの人と一緒にトラックの荷台に積みます。積み込みの人に言われたら手伝いましょう。

【注意点】

・荷物が乗っている台車を押す時は、崩れたり倒れたりすることがあるので、なるべく下の方を押しましょう。

・背の高い家具等の場合、前が見ずらくなるので建物、通行人に気を付けて押しましょう。

・荷物が乗っている台車を押す時は、建物の段差に気をつけましょう。無理矢理押さず台車を持ち上げましょう。

・エレベーターに一般の方が乗っていた場合は、「すいません。一緒に乗せてもらっていいですか?」等断って乗りましょう。次が来るまで待つのもいいでしょう。(補足編参照)

・階段作業と違って台車を使うので、絶えず回さなければいけません。さらに引越の場合は台車の数も限られているので『空いた台車は部屋前に戻す』ということを頭に入れておきましょう。

・運ぶ物が止まった時は、部屋内の人から指示をもらいましょう。もしくは部屋に入り、出来る範囲で作業を手伝いましょう。

・建物にぶつけて壊してしまった場合等はドライバーの方、慣れているスタッフがいる時はスタッフに必ず言いましょう。言わないでそのままにしてしまうと、あとで大事になってしまう場合があります。誰でも失敗はあります。失敗を経験にし、次に活かしましょう。

1.移動&廃棄対象の荷物を出したら搬出完了です。

2.養生材を剥がして、片付けを行い作業終了or搬入先に移動です。

4.移動

補足編を参照して下さい。

5.降ろし準備

補足編を参照して下さい。

6.搬入

荷物を運び入れる際の順番は、積み込み時の逆になります。注意点は同じです。

7.片付け

あとがき

最初は横もちがメインです。エレベーターがある時は荷物、台車をいかに早く無駄なく回すか考え動き、階段の時は自分の体力、筋力の限界に挑戦して頂きたいと思います。

部屋内、積み込みは作業の要領が分かり、顔を覚えられたら任せられる時がくるはずです。

最初にも述べましたがが引越は奥が深いのです。引越屋さんの中には信じられないくらい力のある人や、恐ろしくスタミナがある人、ものすごく早く綺麗に梱包する人、現場をまとめきちっと仕事をする人達がいます。そういう人達と出会い勉強して頂きたいと思います。

引越作業をするスタッフが減っている昨今、このマニュアルを読み引越作業をして『引越』というものが好きになってくれることを切に願います。

ページトップへ
私たちの仲間になってくれるメンバーを募集しています

個人情報保護方針 | お問い合わせ