戻る

株式会社 ワークオール

ヒヤリ・ハット

ヒヤリ・ハット

ヒヤリ・ハットとは、作業中に事故にはならなかったが、

「危ない!」

と思ったことです。実際に提出して頂いた事例を挙げてみます。

皆様が勤務地で体験した「ヒヤッとした」「ハッとした」のトップ5でした。

上記を危険五つのそうと呼んでいます。
この言葉は、当社が実施し、皆様かに大変ご協力頂いた、ヒヤリ・ハット集計を取りながら生れた言葉です。

そこで、当社では、この五つを意識行動と考え、特に勤務地では注意して下さい。

落ちそう

階段の為、手で運ぶので台車から降ろす歳にスライドさせようとしたら荷物の重量が重くて台車から落ちそうになった。(Iさんより)

対策
台車からスライドさせる場合は、荷物が急に落ちてこないようにしっかりと支える。 その際に足が挟まれないようにスライド場所から放す。

滑りそう

青ベニの上を台車で運んでいたら、雪のために非常に滑りやすかった。(Hさんより)

対策
青ベニは滑りやすい素材なので絶対に走らない。 特に雨の日や雪の日は非常に滑りやすいので急がないこと。

ぶつけそう

長尺物を運んだまま曲がろうとしたら、壁にぶつけそうになった。(Kさんより)

対策
長尺物を運びながら曲がる場合や天井が低くなっている場合は、長尺物の後方がぶつからないように目視してから進んで下さい。

転びそう

階段の踊り場で2人で荷物を降ろそうとしたら転びそうになった。(Oさんより)

対策
2人で荷物を運ぶ場合は、必ず掛声を行う。
声を出せばいいものではなく、相手との意思疎通なので同時に行い、注意を知らせる。

倒れそう

通路の下り坂で台車を押していたら、荷物が倒れそうになった。(Kさんより)

対策
台車をスロープや下り坂で運ぶ場合は前向きではなく、後ろ向きで荷物を支えながら運んで下さい。

集計・分析結果

ヒヤリ・ハット体験は、はじめての方・ベテランの方問わず誰でも起きるものです。ですが、すぐに忘れてしまいます。

当社ではヒヤリ・ハット体験を事務所で記入して頂いたり、携帯サイトから送信して頂く事で、出来事を思い出し意識させて事故を減らそうと努力しています。

ご協力お待ちしております。

当然、提出して頂いたら月ごとで集計をします。そして分析した結果を事務所内で貼り出しや携帯サイトにて公開します。この結果を意識してお仕事をして下さい。

ご協力1

パワーゲートが完全に上がり切っていないため、段差があり、コピー機が壊れそうになった。

ご協力2

パワーゲートとコピー機が、密着した状態で操作しようとした。

ゲートの前に仮置きする場合は、
  • 1.密着した状態で置かないこと。
  • 2.ゲートの動線に置かないこと。
ページトップへ
私たちの仲間になってくれるメンバーを募集しています

個人情報保護方針 | お問い合わせ